2020年6月10日

[自作] ロードバイクをどこでも止めるための携帯スタンド試作




ロードバイクのスタンドを考えてみる。
市販でもいろいろ出ているが汎用性重視のためか値段のわりにパッとしないので
携帯に便利で、簡単に取り付けでき、しっかり自立できるスタンド、を考えてみた。
ただ、自分の自転車の形状に依存してるので汎用性はあまりないかも。




試作と言ってもこれだけ


コルク栓を切ったものと、30cmくらいの細長い金具を二枚ネジ止めしたもの。




まずコルク栓をブレーキレバーに噛ませてブレーキがかかった状態にする。


実はこれの効果が非常に大きい。


次に繋がった二枚の金具をクロスさせペダルの隙間に刺してそのままペダルを下ろす。


完成。ペダルだけ少し犠牲になるがそれ以外は全く触れないしアダプタもいらない。
地面が凸凹の場合でもあるいは坂道でもペダルに噛ませてあるだけなので調節が効きやすい。


これだけでかなりしっかり自立している。
やり方は色々あると思うが
重要なのはスタンドと自転車の接点ががっちり固定できること。
これが緩いと不安定になる。
今回は板のような金具なので噛ませることで固定してるが細長い棒のようなものだと難しい。
もう一つはホイールをロックした状態にする、これで前後方向の固定力が格段に増す。
これでスポーツ車によくある片足のスタンドよりはるかに安定感が出る。


携帯性も抜群。あとは見た目がもっとかっこよくなれば…




Share:

0 コメント:

コメントを投稿