2020年8月3日

真鍮エッチングでヘッドバッジ(エンブレム)の自作



真鍮板を腐食液で溶かし、その後黒染めして作成。






元は0.5mmの真鍮板で、薄くて加工はしやすいものの安っぽく見えるので、
立体感を出すために二つのパーツを重ねてある。


こちらのパーツは同じものを二枚貼り付けさらに上げ底。


凹部は黒染め液でエイジング。
これも立体感が出るので何かしらの塗装は効果的。




試行錯誤の末になんとかここまで。
これを自転車のヘッドチューブのエンブレムにします。
ただフレームの再塗装もする予定なので、出番はまだ先。




エッチングに関して


使用した腐食液はこちら。


最初の実験。
絵柄は第一案。
マスクはカッティングマシンで作成。

真鍮板に貼り、原液の腐食液に漬けると、

マスク以外のところだけ侵食する。

単純に浸け込めば一応侵食はするが、数時間浸けてもあまり凹凸ができず、0.5mmの板でも穴も開かない。また細かい造形のところはマスクをした部分まで侵食される。

大体この手のことは一筋縄では行かないが、試行錯誤して一応効果があると思えたコツを列挙。

侵食を促進する手段
1:素材の脱脂 
2:腐食剤を温める(4〜50度)、冷めたら何度も温め直す
3:エッチングする方を下向きに浸す
4:不要部分は極力マスクをしてエッチング面積を小さくする
これで1〜2時間もやれば大体満足できる凹凸になる。
これでも不足な時は
5:クエン酸を入れる

綺麗な仕上がりにする手段
1:短時間で終わらせる、1時間半くらいで十分
2:作業前に脱脂する、作業後に重曹水で速やかに中和する
3:真鍮は銅と亜鉛からなっている合金。腐食液に浸けると先に亜鉛が溶け出すようで、残った部分は銅色、赤みのあるあまり綺麗とは言えない色になる。亜鉛めっきという方法もあるらしいが、手っ取り早く回避できる方法は見つけられず。黒染めをすると多少和らぐが赤っぽさは消えない。


追記:黒染めについて

黒染め液はバーチウッドのプレストマグ。

1:染める前に極力研磨と脱脂をする。
2:素材や黒染め液を温める。
3:原液でやらず水で5、6倍に薄めて塗る、数分で乾くのでなんども塗り重ね少しずつ濃くしていく。
4:黒染め液はわりと高いので綿棒につけて必要な部分だけ塗ったが、丸ごと漬け込んだ方が均一に染めるにはいいのかもしれない。


Share:

0 コメント:

コメントを投稿