2018年6月1日

RoadBike . 自転車の移動エネルギー効率の物凄さ

統計サイトで面白いグラフを見つけました。


社会実情データ図録より

1km移動するために使うエネルギー(カロリー)を生き物から機械まで並べて比較してあります。

これを見ると自転車というのはぶっちぎりのエネルギー効率の良さを誇っています。
空を飛ぶ生き物や乗り物と比べても数倍も効率がいい。
自転車に匹敵するのは水中の大型生物あたりになるそうですが、水中は浮力のいらない半無重力のような状態なわけで、自転車はそういうところの生物とタメ張ってるわけです。
特殊な状況下でもいいならアイススケートなんかはかなり効率よさそうですね。

面白いのは大昔早く移動するために利用していた馬と現代の車の効率はほぼ同じ、そしてスピードはないけど人の効率もほぼ変わらないところ。
また、地球上の生物も人が作った道具も最大効率という意味ではさほど大きな違いはないこと。
そういう中で自転車のそれはかなり異質なレベルです。

このグラフ、出来すぎていてネタ元というかどっから出てきた資料なのか気になりましたが、なんとアップルのジョブズがこれをネタにプレゼンをしています。


動画を見るとかなり若い頃ですね。
効率のよくない人間が自転車を使うことで他のあらゆる生物を上抜いた、コンピュータはこれと同じだとか言ってます。出てくるグラフの内容も上のグラフとかなり似てます。
多分広まった大元はこれなんでしょう。ジョブズのプレゼンだけでは信憑性怪しいですが、ウィキペディアによると50年代に日本でも検証されてるようでまんざら嘘でもなさそう。

個人的にも自転車は好きでよく走りますが、近場を走り回ってるだけでも気がつくと何十キロも走ってたりしてます。結構快楽度数の高い道具だと思ってますが、それはこういう感覚的にありえない効率の良さを自分のエネルギーを使うことで無意識に体感してるのかもしれません。

ちなみにこのグラフでいくと自転車のダイエット効果は眉唾ですね(笑)、走ったほうがいい。




Share:

2018年5月30日

2018年5月27日

Cr-Mo Bike . クロモリロードを組んでみる/ブレーキ取り付け、シート回りの問題

クロモリロード組み上げ続き。いよいよ佳境となってきました。

まずブレーキ。
今のブレーキは全て枕頭式と言われるスタイルですが、ある年代以前の古いフレームになるとナット式というフレーム自体互換性のない方式が使われてたりします。このフレームも古いですが、なんとか枕頭式のようで今のブレーキがそのまま使えます。

構造はいたってシンプル、組み付けは特に問題もなく終わってしまったので仕上がり画像だけ。


レバーの中で縦に走ってるのがブレーキワイヤー。レバーについてる穴に下からワイヤーの頭を引っかけてある。
ワイヤーはそのままレバーの上部から飛び出し、アウターワイヤーへ入る。


レバーとアウターの間にアジャスターボルトをつけたけど、これはブラケットの中に差し込んであるだけ。あまり意味はなかった。
ワイヤーの取り回しが綺麗になるように一般的なブレーキと左右逆にしてある。左レバーが前で右レバーが後ろのブレーキ。


この頃のブレーキワイヤーはフレーム上部を通る仕様。インナーは途中で表に出さず最後までアウターワイヤーの中を通る。
ワイヤー類は何が必要かわからず、アウターキャップとかのパーツも一緒に入ってるワイヤーセットを購入しましたが無駄でした。必要だったのはエンドキャップくらい。


ブレーキは格安だったベローチェ。





お次はシートポスト。


アマゾンで買った台湾製の軽量シートポスト。2580円。
これは問題ないですが、その前にシートピンをなんとかしなければいけない。


回り止め付きという余計な出っ張りが付いていたスギノのシートピン。
フレーム側に受けの凹みがないのでこれでは途中までしか入らない。今時スギノ以外にシートピンなどほとんど出回ってないので選択肢も限られる、これでなんとかするしかない。


このまま締め込むとネジがダメになりそう。
ワッシャーのようなものをかますとか色々考えてみたが、最終的に力技で削り取ることに。

グラインダーとかもないので地道にヤスリで削り続け、

ほぼ消滅。執念の勝利。


ピッタリ収まった。




ということで、今の状況はこんなかんじ。
あとはサドルとバーテープ付けたら完成です!


Share:

2018年5月26日

Cr-Mo Bike . クロモリロードを組んでみる/ディレイラーの調整

チェーンとディレイラーを取り付けたのでシフト調整をしてみました。


チェーン取り付け時にハブの真下を二つのプーリーが一直線になるように、という言い方がよくありますが、過去の自転車でもそうなった試しはなく(笑)、今回もプーリーはともかくハブの位置からはズレてます。今まで特にそれで支障があったことはないので気にしないことにします。


フリクション式のWレバーなので変速は無段階となります、調整はトップとローのチェーン位置だけ決めれば基本終了です、あとは自分のレバー操作次第。

ただ今回は問題が2つ。
一つはロー側でチェーンを逆回転させると音鳴りが始まる。
これはプーリーがスプロケに近づきすぎていてチェーンがスムーズに回っていないためのようです。プーリーとの隙間(縦方向の隙間)はBテンションアジャストボルトで調整、目視ではほとんどわからない程度にしか動きませんが、ほぼ目一杯締めたことで解決。

二つ目はトップ側で正回転するとフロントのチェーンリングがゴロゴロ言いだす。
フロントはアウター一枚にしてあるのでアウターローで音がするならわかりますが、アウタートップで音がするのは腑に落ちない。
よくよく見てみるとチェーンのラインがトップ側でも結構な角度があります。


この角度のせいでチェーンがギアに噛む時に擦れる音がゴロゴロと出るみたい。
ロー側でもこの角度はほぼ同じで、チェーンが一直線になるのはスプロケの真ん中か少しトップ寄り辺り。チェーンラインがずれている感じはしないが、どちらにしろトップ側に合わせれば今度はロー側に支障が出そうなぎりぎりの線に見える。

アウタートップでもこれだけ角度が付く理由で考えられるとすればチェーンステー長が短すぎることか。405mmはまだメーカー推奨範囲内だと思いますが、ちょっと無理が出てるんでしょうか。
それならロードエンドのネジを緩めてチェーンステー長を長くしてやれば解消できるのかもしれません。
他に考えられることはロードエンドにわずかな歪みがあるとか。この辺になるともうお手上げです。

とりあえず根本的な解決はしていませんがチェーンオイルを差すと音はかなり静かになります。チェーンが馴染んでくればさらに静かになるのかもしれません。
あとは実際乗って様子を見てからでしょうか。
ただこのままだとトップギアでペダリングに無駄な負荷がかかるようでイマイチ腑に落ちませんね。

Share:

2018年5月24日

2018年4月27日

Bicycle Saddle . ヌバック素材のサドルを脱色してみた


SELLE ITALIAのTURBO、今買えるのはヌバックのブラウンと黒。


ポテッとした形は愛嬌あるしヌバックも悪くないんですが、こののっぺりした茶色はなんとも安っぽい。
そこで靴やカバンでやるように脱色を試みてみました。

Share: