2017年8月8日

HeadParts . ヘッドパーツの取り付け、圧入

長かったですがようやく組み上げ段階に入ります。
まずはヘッドセットを取り付け。もちろんスレッド式のノーマルヘッドパーツです。
ここさえ問題なく終わればあと力技が必要なところはほとんどなくなると思います。最初で最大の難関。



ヘッドセットについてはいろいろ制約があり素直にアマゾンで購入、TANGEのFL250Cです。

スレッド式のヘッドセットを選ぶには条件が2つあります。
一つは取り付けるフレームとフォークの径の大きさによる規格。JISとITA(イタリアン)の2種類あります。
JISはヘッドチューブの内径が30mm、クラウンレースの外径が27mm。
ITAはヘッドチューブの内径が30.2mm、クラウンレースの外径が26.4mm。
フレームの径の規格はこのどちらかで作られており、この規格に沿ってヘッドセットは販売されてます。
問題はこの規格が混在している場合もあること。

Share:

2017年8月6日

Cr-Mo Frame . クロモリフレーム素人自家塗装のまとめ

かれこれ一ヶ月もかけてたクロモリフレームの塗装、完璧からは程遠いですが最後にします(笑)

上塗り塗装まではそう悪くなかったですが、クリアがなかなか乗ってくれず二本目を投入してからが転落の始まり、今度はかけすぎて液ダレ、チヂミ、剥がれ、ありとあらゆるものをやらかしてしまいました。塗装は本当に難しいですね。


思うに塗装は最低限フレームを保護してくれないとまずい、綺麗でも薄いと簡単に傷つく。それを避けるためには液ダレしてでも厚塗りしたほうがいいと思うわけです。
先に進まないのでもうあとは簡単なところだけ直して、どうしても気にいらないところは涼しくなってからやろうと思います。
Share:

2017年7月19日

CR-MO Frame . クリア塗装+ステッカー作成

フレーム塗装の続きです。
塗装もあとはクリアだけとなり、すぐに吹いてしまってもよかったんですが、これだけではなんか寂しいのでオリジナルのステッカーを作ることにしました。画像ソフトでデザインを起こし格安の印刷サービスに出稿、それが出来上がってきたのでようやく再開です。
Share:

2017年7月11日

aliexpress . 工具調達

フレームの上塗りが終わった途端、晴天続きでげっそりしております。
まだクリアが残ってますが、しばらく何もできずにいます。その間に注文していた工具が届きました。

安く済むものは安く済ます、ということで初めてaliexpressで注文してみました。
結論から言うと5点注文して早いもので一週間、最も時間がかかったものも半月で到着。2点はポスト投函。

Share:

2017年7月6日

CR-MO Frame . クロモリロード自力で組上げ - フレーム塗装上塗り

さて、フレーム塗装の続きです。

相変わらず天気が悪くて天気が悪くて天気が悪くて、(笑)
塗装作業には最悪な季節です。
気温や湿度は塗装の仕上がりにも影響するらしいですが、もう知ったこっちゃないです。多少雨がパラついてようが、湿度が200%あろうがコツコツ作業を進めてます。

下塗りのプラサフを塗り、細かいところを何度かやり直し、なんとか上塗り段階まで来ました。
プラサフ表面を軽く研磨し滑らかにしたあと、シリコンオフで脱脂します。
手始めにフォークの上塗りをしてみます。

その前にシリコンオフ(シリコンリムーバー)とパーツクリーナーを比べてみました。

左がプラサフ塗装面にシリコンオフ(シリコンリムーバー)、右がパーツクリーナー

プラサフの上からですが、こんだけ違います。パーツクリーナーは使用を間違うと大変なことに。


上塗り塗料はシルバーです。プラサフと同じくデイトナのMCペインター。


スターライトシルバーメタリック、オートバイ用です。この辺は最初で最後だろうからケチらずにいってみます。


まずフォーク。30分ほど間を空けて2度塗りした状態。
プラサフと同じ色なので特に感動はありません(笑)
でもさすが上塗り塗料だけあってよく見るとキメの細かさが違います。

続けてフレームもいきます。
Wレバー台座とBBだけマスクをして念入りに脱脂。

手抜きの三脚塗装台に慣れてしまい今回も使用。

三脚の取っ手にシートチューブを差し込むと縦にくるくる回せるので何気に便利。

30分おきくらいにフレームの角度を変えつつ2度塗り3度塗りを繰り返します。
埃と風は大敵なので塗るたびに部屋の中へ運び込みます。
ちなみに狭いベランダでカバーで覆いながら塗装してます。ちょっと傾くだけでフレームがカバーに当たり塗装が台無しになります。なんだかんだで時間も結構かかります。
湿度マックス、気温30度なのに曇天、という典型的な日本の夏日和。ついでに台風も近づいてます。これじゃあ乾くもんも乾かない・・と思いつつ、エアコン全開で気候に抵抗。

2度目の塗装で派手にムラが出来てしまい、一旦中断。指で触ってべとつかなくなるまで待ち、乾いたらペーパーで研磨、脱脂、また塗装再開。

ひょっとして全面一色のシンプル塗装よりもマスクを使って塗り分けする凝ったデザインの方が楽なんじゃないかと思い始める。一色の場合、端から端までスプレーを振り切らないとすぐムラになる。マスクを使って色分けすれば必然的に一回で塗る面積が小さくなり、終点はマスクで覆われてるので圧倒的に塗りやすくなる。一色だと空中で初めて長いチューブも最後まで振り切ってから空中で止めるしかない。

3度目の塗装に入って塗料の残りが厳しくなってきたのでここで一旦止める。


3回目。シルバーから変わらないのでなんか寂しい。
まだムラも残っているが、三脚に接触しているシートチューブの頭を塗らなきゃいけないので、一度しっかり乾燥させてからからまとめて塗装する。

時間をおいて四回目の上塗り完了。
台風が近づいてきた。
塗料も9割方なくなったのでここで終わり。




まあ上出来。

ひとまずこれで一段落。
あとはこの上からクリアを吹くだけです。


万人がお勧めのsoft99のウレタンクリア。1860円、一回使い切り。高い。
塗装はやり直し大変だし、どの程度か想像も出来ないので、あまり変なものは買いにくい。失敗したらもはや作業的にも塗装代的にも後戻りできない。

クリアの出来も気温湿度に影響されるようなのでこれだけはいい天候を待ってやろうと思います。



Share:

2017年7月5日

CR-MO Frame . クロモリロード自力で組上げ - フレーム塗装案

フレームの塗装案。(車体はどっかから適当に持ってきた画像)






こういうのを30くらい考えた。どれも地味ですが(笑)。なるべく手間がかからず色数も節約しつつ、なおかつ独特のパターンになるようなのを考えてみました。
ブランドロゴがないと自由な感じがしていいです、個人的に。

やたら時間をかけた挙句に気づきましたが、デザインや色にこだわりすぎると自転車自体のフォルムは霞んでしまいます。シンプルな塗装ほどフォルムは際立つ。まあ当たり前なんですが、自転車は結局シンプルが一番いいみたい。

で、この辺が最終案。

地味です(笑)、ストイックということにしておく。
ラバーペイントを使いたいので色はシルバーに黒。

ちょっと物足りないならこう・・

・・さらにロゴを派手に(笑)

考え出すときりがないですが、あとは仕上がりを見て気分でいきます。
ラバーペイントなら色々試せそうでいいですね。

行程はシルバーで塗装してクリアも吹いてしまって、その上からラバーペイントを塗ってみます。


Share: