2017年9月26日

Crankset . BB、クランクセット取り付け

続いてクランク周りを取り付けていきたいと思います。
まずはBBから。

とにかく悪評の多いカンパのパワートルク(笑)。CRCで¥2050。
これがパーツ一式。
Ω型の針金はクランクのストッパーになるそう。
こういう状態ではめるとクランクに引っかかって脱落防止になるそうなんだけど、なんだこれ(笑)

さらにイタリア人の謎の思考が透けて見えるバネワッシャー。

とりあえずつけます。
グリスをたっぷり塗って途中まで手で回していく。あとはBBレンチで力の限り締め込む。
トルクは40nmとかですがトルクレンチがないので力の限りいきます。


そしてシングルギアと化したベローチェのクランク。


クランクを差し込む。その時に先ほどのΩ型針金を穴にはめる直前で止めて準備しておきます。ベアリングは最初からグリスが塗られてたのでそのまま。

クランクを奥まで入れたら針金もセット。

次に反対側。こちら側のベアリングはBBについてます。出てきたクランク軸にグリスを塗り先ほどの変なバネを装着。
さらに黒いワッシャーを装着。

そしてクランクをはめてネジで止める。
ここであの14mmアーレンキーの登場、他に利用価値なしの極太レンチ。

ここも40nmくらいのトルクですが力の限り締めます。このネジを締めることによって左側クランクがクランク軸にぐいぐいと圧入されていきます。これでバネに適度な圧力がかかりベアリングに伝わるという仕組みのようです。
パワートルクの悪評はここですね。一旦圧入されたクランクはちょっとやそっとじゃ取れなくなります。実際ネジを外して引っ張ってみましたが、がっちり食い込んでびくともしません。後々メンテナンスの時に大変な思いするのかもしれませんが、今は考えないようにしましょう。


無事に装着完了!


真ん中空洞なんですな。

ちなみに回転も噂どおり鈍いです。力入れて回しても1回転半ってところ。
ベアリングのシールの問題(きつい?)とか言われたりしてますけど、まあその分シールド性能は高いかもしれない、と思っとく。


カンパの公式動画 パワートルク取り付け取り外し編






Share:

Roadbike Wheel . タイヤ(Veloflex Master) 取り付け

ホイールが来たのでタイヤの取り付け。


格安2本組をRibbleで購入してからずっと出番を待っていたVeloflex Master。


Veloflex Masterはオープンチューブラーというチューブラーと同じ工程で作られたクリンチャータイヤです。
装着前は平らなスルメ状態です。


オープンチューブラーははめにくいと言われてますが、案の定手がボロボロ・・皮は剥けるわマメは出来るわ。それでも格闘1時間ほどでなんとか押し込む。チューブはなるべく噛み込まないように少し空気を入れたり出したりして調整。

タイヤってこんなに入れにくいとリムに影響はないんでしょうかね(笑)




Veloflex Masterのトレッドパターン。


スキンサイドの面。

ちなみに色付きタイヤはスキンサイドも含め耐久性が落ちるようです。
タイヤが黒いのには訳があり(強度を上げるためカーボンを混ぜてある)、それ以外の色は耐久性がグッと下がるらしい。
スキンサイドに関してはそもそも軽量化のために側面を削り落とした結果なので当然剥き出しの面は耐久性が下がります。

よくよく考えるとタイヤはみんな黒ですもんね。逆に耐久性が高い色付きタイヤを発明したら世の中変わるレベルの発明になりますな。


Share:

2017年9月20日

Roadbike Wheel . 3万円以内のホイール探し

見ての通り中華からホイールが届きました^^;
だいぶ時間が空いてしまいましたが、ようやくホイール入手。
到着は注文から1週間ほど、相変わらず早い。

ホイールはかなり念入りに調べてみましたが、タイヤチューブ全部入れて3万の予算なので、普通に選んでしまうとおそらくどれでも似たり寄ったり、完組ではいわゆる鉄下駄の部類で面白くない。中古で一段上のホイールを狙おうかとも考えたましたが、そう簡単に安くはならないしメンテは全く自信がないので中古ホイールってどうなの?という不安もある。

二転三転した挙句、飛び道具的に選んだのがaliexpressで見つけたアルミカスタムホイール。
中華カーボンは有名ですが、アルミでも台湾製パーツを使って組んでくれる業者が幾つかあります。まあカスタムホイールと言っても作り置きして売りさばいてるだけでしょうが。
何せaliなので業者の選択も結構慎重になりますが、選んだのはホイールやハブを専門に扱ってる業者で販売実績もそれなりにありそうなところ。注文数もそこそこあり購入レビューも悪くない。



リムはkinlin、ハブがノバティックやpowerway、スポークはCNスポークと全て台湾パーツ。
kinlinは軽量リムで有名なメーカーです。大手メーカーのOEM先であり、マビックのようなブランド性はないですが、安価で良質なので手組みでは定番リムになってきてるようです。

今回のリムはXR200、重量375gなので重さだけで言えばオープンプロより軽い。シルバーが選べなかったのが残念ですが、リムハイト22mmはクロモリにも合ってくれると思います。
ハブはpowerway R13に。特に理由はないですが、レビューを見ると海外ではノバティックよりpowerwayを選ぶ人が多かったので。
トータルで22000円ほど(送料無料)。定価で考えればほとんどパーツ代だけ。

バブを選び、フリーはシマノかカンパか、色はどうするかの指示を付けて注文。
色はリムが黒だけだったので、あえてオールブラック。ロゴもステッカーもないので真っ黒です。
重量を測ってみたいのですが、体重計しかないので超アバウトに下二桁は四捨五入で約1400g、リムテープ込み。この値段では考えられない軽さ。

リムテープは業者のオリジナルとみられる赤いテープが貼ってある。

よく言われるリムの継ぎ目。相当よく見ないとわからない。もちろん手で触ってもわからない。素人目にも精度は高いと思う。

powerway R13。ロゴも何もなし。

おまけの付属品。スキュワー一組と予備のスポークとニップルが各3個。

試しにはめてみた。
やっと自転車らしくなってきました(笑)。
古いフレームのためエンド幅が126mmしかないのが気になってましたが、手で広げるようにして入れると以外と簡単にはまりました。エンド幅を広げる技もあるみたいですが、特に問題なさそう。センターがずれてる感じもありません。


実は当初予定してたのはCRCがやってたカスタムホイール。
マビックのOPEN PRO+ティアグラか105のハブなら2万円台というこちらも激安ホイール。リムもスポークも選べるのでシルバーホイールも作れます。
この予算で選ぶなら完組よりずっと面白そうだな、と考えてたのが今年の5月あたり。

ところが天下のマビックが箝口令を敷いたのか、7月頃から突然このページにアクセスできなくなりました。日本語サイトではマビック関連の商品も見れません。(英語にすると見ることはできるが買えない)

CRCの「ほしい物リスト」の登録だけは今も残ってる。リンクをクリックしても何も書かれてないページに飛ぶ。

wiggleも以前はやってたようですがこちらはもっと前にサービス停止。
マビックの海外通販締め出しはじわじわと広がってましたが、とうとうここまで来てしまいました。

ただaliexpressでは、明らかに横流しとみられるマビックホイールが名前を伏せて(しかも格安で)販売してたりします(笑)。さらにその辺が元と思われる新品ホイールがヤフオクなどで出回っている。マビックもブランド保持はいいですが、ますますこういうのが蔓延ることになるような気がします。




Share:

2017年8月22日

2017年8月8日

HeadParts . ヘッドパーツ取り付け、自力で圧入

長かったですがようやく組み上げ段階に入ります。
まずはヘッドセットを取り付け。もちろんスレッド式のノーマルヘッドパーツです。
ここさえ問題なく終わればあと力技が必要なところはほとんどなくなると思います。最初で最大の難関。
Share:

2017年8月6日

Cr-Mo Frame . クロモリフレーム素人自家塗装のまとめ

かれこれ一ヶ月もかけてたクロモリフレームの塗装、完璧からは程遠いですが最後にします(笑)

上塗り塗装まではそう悪くなかったですが、クリアがなかなか乗ってくれず二本目を投入してからが転落の始まり、今度はかけすぎて液ダレ、チヂミ、剥がれ、ありとあらゆるものをやらかしてしまいました。塗装は本当に難しいですね。


思うに塗装は最低限フレームを保護してくれないとまずい、綺麗でも薄いと簡単に傷つく。それを避けるためには液ダレしてでも厚塗りしたほうがいいという気がします。
先に進まないのでもうあとは簡単なところだけ直して、どうしても気にいらないところは涼しくなってからやろうと思います。
Share: